英語運用能力の客観的評価が得られるTOEIC

この試験の名称はTestofEnglishforInternationalCommunicationの略称で、英語の運用能力をスコアに正確に反映する試験です。実際の試験においては日本語は一切用いられず、試験の問題文すら英語で記述されています。実用英語検定と違い、実力に応じた問題が旧別に設定されるのではなく、全受験者が同じ問題に取り組み、どれだけのスコアが得られたかで評価する試験です。初心者であればまずは650点を目指しましょう。そして700点が取得できるようになったら、堂々と履歴書の資格欄にその旨を記述します。英語力がある、あるいは向上心のある人材として、企業も採用に前向きな評価を下す可能性が高まるからです。ただし最初から海外に活躍の場を求めるとしたら、850点取得を目指します。このスコアであればネイティブと堂々と渡り合える実力があると見なすことができます。

実社会でTOEICが高く評価されるのは何故か

TOEICという試験は、より正確な英語の実力を浮き彫りにするという点で、実用英語検定に較べて客観的評価を下すのに適していると考えられています。合格不合格はなく、あくまでスコアが何点であるか、によって評価されます。一般に企業は、新入社員や中途採用者への資格として700点以上を取得していること、を求める傾向にあります。実際に英語が用いられることがない職場への配属だとしても、この原則は変わりません。なぜでしょうか。それは自己研鑽を自分自身に課す人材であることを評価するからです。この試験でよいスコアを得るには、継続的に英語の勉強をして少しずつ実力を高めて行くことが求められます。そのためには、ストレスの多い社会人になっても、モチベーションを高く保持して研鑽に励む人材であることが証明されるからです。

高得点取得の重要性とその勉強方法は

こうした背景から、企業は社員に対してこの試験を受けることを奨励しています。そして社員からのスコアの申告を受けると、これを昇級・昇進の判断基準にします。直接の現場で英語が用いられていないとしても、今日のグローバル社会ではいつ何時英語の運用能力が試されないとも限りません。そのための準備を怠らないためにもこうした試験は必要だと考えられているのです。またいわゆる栄転である、海外赴任者を選抜する時の参考としても、この試験のスコアは当然重視されます。ちなみに海外赴任やビジネスで英語を用いるためには、スコアは850点が必要であると考えられています。この数字は、学生時代に単に英語は得意であったというだけではなかなか取得できる点数ではありませんので、できれば卒業前から試験を受け続け、常に目標となるスコアを目指して勉強するという習慣化が必要です。